絵や名前入りのグッズ作り|オリジナルTシャツで学校のイベントに挑もう
ウーマン

絵や名前入りのグッズ作り

刺繍

販促やユニフォームに最適

ポロシャツは手軽なうえファッション性も高く、広い用途に使える服です。自分で着るために作るのはもちろん、販促や団体のユニフォームとしても利用価値があります。でも無地の物をそのまま使用するのでは、ちょっと味気がありません。そのため印刷や刺繍をして、オリジナルらしさを付け加えてみましょう。とはいえポロシャツにプリントしても、耐久性や見た目でやや劣る印象を与えます。そのため高級感や耐久性を重視する場合は、刺繍でイラストや名前を入れるのが一番です。これなら仕上がりもよく、販促やプレゼント用としても使用できます。また洗濯にも強いので、タフさが要求されるスポーツや作業用のユニフォームとしても活用できるでしょう。

ポロの生地との相性の良さ

ポロシャツは鹿の子という目地の荒い生地でできているため、通気性が良く実用性が高い服でもあります。ただしこの生地の荒さは、フラットさが要求されるプリントには向いているとはいえません。そんな生地の特性があるので、たとえシルク印刷で印刷できたとしても何度か洗うとプリント面が剥げてしまいます。せっかく印刷したのに、それでは実用品として長く愛用することができないでしょう。それが刺繍なら、同じようなマークや文字を入れても消えたり剥げてしまうことがありません。その耐久度はハードな作業や洗濯をする際にも発揮され、長く使い続ける服には最適な方法といえます。また刺繍は、製版があれば同じポロシャツを何枚も量産可能です。もしまったく同じ柄で何枚も欲しい場合でも、製版さえ残っていればすぐに対応してもらえるのでその点から考えても便利といえるでしょう。